違法性はどうか?

さて、ここで一番問いただしたいこととして、本当にショッピング枠現金化は違法性がないのか?という話があると思います。もちろん違法性があることをわざわざおすすめしませんので、その辺は安心してほしいと思いますが一応もっと具体的な話をさせてください。まずショッピング枠現金化には商品買取方式という方法と、キャッシュバック方式という方法が存在します。まずここから知ることがとても大切です。例えば商品買取方式の場合だと、ショッピング枠で購入した商品を買い取ってもらうんですが、これに関しては実質的に貸付として見られる可能性も否定することはできません。すなわち、もしお金の貸付という認識で捉えられてしまうと貸金業の許可を業者側はもらっておかないといけない必要が出てきますから、貸金業の許可がない業者を利用してしまうと貸金業法違法という形になってしまうでしょう。しかし一方でキャッシュバック方式の場合は業者から商品を購入してもらい、その一部のお金をキャッシュバックするということから、違法性が0として扱われるようになります。要するにいわゆるポイント還元と同じ扱いになるということです。どちらにしても「借りる」ということにはならず、あくまでもお金を「作る」という方法になりますので非常に利用しやすいと言っても良いでしょう。ちなみにキャッシュバック方式となれば景品規制の対象にもならないので、違法性はまったくないということができます。違法性がないことがわかったら、もうショッピング枠現金化をするしかないでしょう。